<ABOUT US>このサイトでは、HBSの在校生が、受験生または合格者の皆様向けにHBSでの学生生活に関する情報を纏めております。このサイトは日本語での情報提供を目的とした非公式サイトです。学校がアプリカントの方向けに開催している公式Information Session等の公式な情報につきましては、HBSオフィシャルサイトをご確認ください。

<MBA受験生向け>HBS日本人在校生によるZoom Chat

MBA受験生の皆様

HBS日本人在校生によるMBA受験生の皆様を対象にしたZoom Chatを開催致します。

申し込みご希望の方は【6月7日(日) 23:59(日本時間)】までに申し込みフォーム(https://forms.gle/bYedZ7nohRutFbTHA) をご提出ください。

【日時】2020年6月13日(土) AM 11-12:00  (日本時間)

【内容】

11:00-11:20 パネルディスカッション:本申し込みフォームにご記載いただきました質問にパネリストがお答え致します。

11:20-11:55 Small Group Chat:参加者の皆様に少人数のグループに分かれて頂きます。(グループは在校生にて決めさせて頂きます。) 各グループにいる在校生が皆様の質問にお答え致します。

11:55-12:00 閉会

*言語は全て日本語になります。

ご登録頂きました方には、接続方法に関して6月11日(木)にメールを差し上げます。

本申し込みフォームにご記載頂きましたメールアドレスにお送り致しますので、くれぐれもご記載に間違いのないように宜しくお願い致します。

接続方法に関するメールが6月11日23:59(日本時間)までに届かない場合は、hbsjapan2021@gmail.com までご連絡下さい。

皆様のご参加を在校生一同お待ちしております。

HBS日本人在校生一同


神山財団奨学金の説明会についてのご案内

募集要項:       神山財団Webご参照

http://www.kamiyama-f.jp/scholarship/

説明会日程:    3/8(日)17:3019:30                @メゾンカイザーカフェ 丸の内店

東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング
iiyo1F

—————————————————————————————————————-

・対象:2020年秋進学を検討している受験生の方のみ

・内容:神山財団の財団紹介と8期生募集方法の説明、奨学生としての体験談を予定しています。

・形式:立食

・会費:無料

・参加申し込み方法:下記URLより申し込みをお願いいたします。

https://goo.gl/forms/4hKscY5LDSEu7W0M2

 

—————————————————————————————————————-

<2020年2月更新>
Website管理者の移行について

 
今月より本Websiteの管理者をClass of 2021に移行致しました。今後も有意義な情報提供に努めますので引き続きどうぞよろしくお願い致します。
尚、移行に伴い本Webサイトのアドレスを以下の通り変更致しました(旧サイトからリダイレクト済)。
旧アドレス:mba-hbs.com
新アドレス:hbs-japanese-student.com
 

<2020年1月1日更新>
Class of 2022 セカンドラウンド出願締め切りと合格に向けた準備に関するTIPS

Class of 2022(2022年に卒業する学年)のセカンドラウンドの締切が来ました。1月は多くの学校がセカンドラウンドの出願締切りを設定しているので、多くの方々が年末年始をエッセイを始めとする出願書類作成をしながら過ごされたと思います。そして、書類出願後にやってくるMBA受験最大の山場(特にHBS)は、「インタビュー」です。エッセイは提出前にいくらでも修正がききますが、HBSのインタビューは30分一本勝負のやり直し無し、本当の実力勝負です。インタビューまで行けば日本人の場合は例年合格率が50%くらいなので、合格まで本当にあと少しです。学校調べ、Toefl、GMAT、エッセイ、コーヒーチャット、キャンパスビジット・・・等、これまでに費やしてきた数百時間という莫大な時間が報われるかは全てこの30分にかかっています。そしてインタビューの成否を分けるのはインタビューに向けた「実戦的な」練習量です。ただの練習量ではありません。「実戦的な」練習量です。サッカーでリフティングの練習だけしても十分で無く、実際にプレーヤーとボールが動き回る試合を戦う為には全く別の種類の練習と能力が必要なのと一緒です。インタビューで失敗する方のよくあるパターンは一人での練習に時間を費やすしすぎて実戦練習が不足していることです。質疑応答パターンの準備、暗記、人で鏡の前で練習、、、などはある程度は必要ですが、それは誰もがやっているので、それだけでは全く不十分です。実際に模擬面接相手(日本人でなくアメリカ人。実戦に近い練習をする為に、これは非常に重要です。学校のカルチャーやどういう人が受かりやすいかをよく知っているHBS生と練習を繰り返すのが絶対ベスト)と超絶練習量をこなして、実戦スキルを高める必要があります。ほとんどの合格者の方々は少なくとも100回以上は実戦的な面接練習を行なっているようです。練習はやってもやりすぎることはありません。更に、実際に入学した後はケース授業を通して更に高度な「しゃべり力」が求められるので今から面接練習を通してスキルを磨いて損はありません。ある程度(と言ってもかなりの量ですが)練習を繰り返すと、自信が湧くし、色々な想定外の質問にも慣れてうまく対応できるようになります。ここまでくれば面接に通る可能性は非常に高いです。HBSに受かった人はみな、天才でもなんでも無く、こういう努力をひたすらやってきた人達だと思います。百戦錬磨の面接官が見れば、こういうのは一発で見抜けます。がんばりましょう!!

<2019年6月更新> JAPAN TREK 2019

2019年5月24日から6月1日にかけ、HBSの学生170人超を引き連れJapan Trek 2019を開催しました。殆どの学生にとっては今回のトレックが初めての日本訪問であり、東京に加えて広島、京都、名古屋等、日本の多くの名所を廻りました。Japan TrekトレックはHBSの中でもトップの人気を誇るイベントです。HBSでは数多くのトレックが開催されますが、Japan Trekは日本人留学生を中心とした幹事グループによる手作り感満載のイベントであり、最初から最後まで学生を飽きさせず、代々HBSの学生の間で抜群に面白いと語り継がれるイベントです。幹事団としても、このような機会を通じて世界における日本のプレゼンスを高めることを狙っています。以下のリンクからレポートを閲覧できますので、ご覧ください。

[LINK] Japan Trek 2019 活動報告

メニューを閉じる