I-20とは大学が発行する、この人物は学生ビザを保有する資格があることを証明する書類です。A4の紙です。これは卒業まで肌身離さず保持する必要があります。在学中に海外旅行等でアメリカを離れる場合は、アメリカ帰国時に毎回I-20をイミグレで見せる必要があり、面倒ですが、それほど重要な書類です。

アメリカ渡航に向けたビザの手続きは4月から始まります。学校から案内が来ますが、International Office経由で、HBSのオンラインプラットフォームにてI-20の申請の案内が来ます。オンラインで必要とされる情報を提出します。申請完了後、1か月ほど時間がかかりますが、忘れた頃にI-20と呼ばれる書類が手元に届きます。このI-20を元にアメリカ大使館に対して学生ビザの申請を行うことになります。I-20が無いと何も進まないので、学校から案内が来たら速やかに手続きを進めましょう。これを放置すると渡米ギリギリまでビザの手続きを行うことになり、精神安定上よくありません。

メニューを閉じる