2年生になるとほぼ全員が「授業が面白くなった」と口にします。全てが必修科目であった1年時と比べ、自分の興味がある授業をとれ、且つ授業のスケジュールのフレキシビリティーも高まります。1年次は月曜から金曜日まで必修科目が連続するのに対し、2年次は月曜から金曜の間に1日休みを入れることも可能。但しそもそもアメリカのMBAは通常授業は月曜から木曜までの4日間が一般的なので、HBSのように月曜から金曜まで授業が続くのはレアです。

こちらが選択科目のリンクです。”View Course Catalog”というボタンからジャンプしてどのような科目があるか見てみてください。

更に、Cross Registrationとして、他大学の授業を聴講することも可能です。MIT SloanやHarvard Kennedy Schoolの授業をとる学生がいます。条件を満たせば2科目まで単位参入が可能です。ハーバード大学の語学や、コンピューターのクラスを履修することもできますが、そういった授業は単位に参入できないケースが一般的です。

クロスレジスレーションに関するルールはホームページに記載の通り以下となっています。

 

Cross-Registration

Harvard University graduate schools, the Sloan School of Business at the Massachusetts Institute of Technology (MIT), and the Fletcher School of Law and Diplomacy at Tufts University permit HBS students to cross-register with their graduate programs. In past years, some students who chose to cross-register were able to take David Gergen’s popular course at the Kennedy School of Government and participate in the Entrepreneurship Lab at MIT. Students may cross-register for a total of up to two courses toward their MBA degree requirements in their second year. The course must contribute to the student’s expertise in management and cannot duplicate subjects that are available at HBS. The course must be at the graduate level and the student is required to earn a grade that is acceptable for graduate credit at that school. Some students choose to cross-register for enrichment purposes only, such as language classes at Harvard College.

メニューを閉じる